闇スロットは取締まりを避けるために会員制を採用

闇スロットを営業しているお店の大半は、会員制を採用しているのです。

つまり、普通のパチスロ店のように、18歳以上であれば誰でも利用できるわけではないのです。
基本的には、既存の会員からの紹介が必要となるので、紹介無しにお店に足を運んでも中に入ることはできないのです。

そもそも、闇スロットのお店は非常に分かりづらい場所で営業していることがほとんどなので、紹介がなければ利用するのは難しいわけです。



ビルの一室や地下で営業しているケースが多いため、見た目ではまず判断できないのです。
なぜ、闇スロットのお店が会員制を採用しているのかと言いますと、それは取締まりを避けるためです。

闇スロットの情報が欲しい方必見です。

自由に利用できる環境にしてしまうと、警察関係者を招いてしまう可能性もありますし、最初から通報する目的で足を運ぶ人もいるかもしれないのです。そういった利用者を遮断するために、会員からの紹介を必須とするお店が多いわけです。また、闇スロットを経営する側からすれば、もちろんある程度のお客は必要になるのですが、あまりにお客が多すぎると目立ってしまうので、結果的に取締まりのリスクを高めてしまうことになるのです。したがって、適切な客数を維持するためにも、会員制であることは必要不可欠なのです。

Reutersについて詳しく知りたいならこちらのサイトです。

もちろん、中にはフリーで利用できる闇スロットのお店も少なからずあります。ただ、先ほども言いましたが、お店を探すこと自体が非常に難しいので、そういったお店も実質的には会員制と変わらないのです。